就職直結の人気資格とは|国家資格の中でも今最も注目されている宅建について

国家資格の中でも今最も注目されている宅建について

ウーマン

就職直結の人気資格とは

男性

不動産取引に不可欠

ビジネス関連の資格は就職に直結することから高い人気を誇っていますが、中でもよく知られているのが宅地建物取引士、通称宅建です。宅建は、土地や建物の売買、賃貸を業とする際に欠かすことのできない資格です。不動産業者が事務所を置く際には、必ず一定の割合で有資格者を配置しなければならないと定められています。また、物件に関する重要事項の説明は宅建の資格を持った者しか行うことのできない独占業務となっています。宅建の資格は不動産業界ではもちろんのこと、土地等の評価を行う機会の多い金融業界でも重視されています。また一般企業においても、工場や厚生施設などを建設する際に不動産の取得を検討する際は、とても重宝がられます。

勉強のスタイルはさまざま

宅建の資格試験は年に1回、全国で実施されます。受験者は毎年20万人を超え、日本で最も人気の高い資格と言われています。人気の高さゆえ、多くの専門学校で宅建の受験対策講座を開講しています。独学者のためには通信講座も用意されています。また、一般書店にも独学者向けのテキストが多数並んでいます。試験の合格率は毎年15%前後で、この数字だけを見るとかなりの難関だという印象を受けます。しかし試験問題はほとんどが過去に出題されたものなので、問題集などを活用してしっかり勉強すれば独学でも合格は可能です。インターネットなどで調べてみれば、合格実績の高い通信講座や参考書などを見つけることができます。勉強のコツなども併せてチェックすれば、独学の助けとなります。