子どもの育成に関わる仕事|国家資格の中でも今最も注目されている宅建について

国家資格の中でも今最も注目されている宅建について

ウーマン

子どもの育成に関わる仕事

保育士と子供

更新不要の国家ライセンス

近年、保育士の需要が高まっています。そこで、学生のみならず、子育て中の主婦の間にも、保育士の資格を取得を目指す人が増加しています。その流れを受けて、保育士の試験が、年1回の開催から2回の開催に増えました。保育士が人気の理由は、国家資格であるがゆえです。決して簡単な内容の試験ではありませんが、国家的に認められたライセンスなので、高い信頼性が魅力です。そのため、就職に有利になります。この資格があれば、保育園はもちろん、児童館や学童保育所などで就労できます。そのうえ、無資格より給与が優遇されるメリットがあります。また、保育士の資格は、更新する必要がありません。よって、1度取得すれば、ずっとそのライセンスを保持できます。

保育園の入園が優先

保育士の労働時間は、長くなりがちです。そこで、仕事と子育てを両立しながら効率よく働くための知識を紹介していきます。それは、保育士の子どもが優先的に保育園に入園できる制度を活用することです。現在、多くの市町村は、保育園の待機児童の問題を抱えています。そこで、保育士の子どもを優先的に受け入れることで、有資格者の就労を後押しできる効果があります。その結果、保育士自身に小さい子どもがいても、安心して仕事に打ち込めます。そして、市町村にとっても、より多くの人材を確保できる狙いがあります。また、最近では、保育士が活躍できる場が増加しています。その代表例は、事業所内の保育所です。この種の園は、比較的小さい事業規模ゆえに、アットホームな雰囲気で仕事ができます。